読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LoveLoveLoveLive

ラブライブ!をこよなく愛するエンジニアが僕ラブ参加レポやスクフェスの日記を書いてます

今が最高!μ's Final LoveLive! μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪ (前半)

ラブライブ!

24時間遅れのライブビューイングも終わり、μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪のすべての公演が終了しました。 μ'sとともに駆け抜けてきたこの一年を振り返りながら、6周年で最後の単独ライブの思い出をここに残そうと思います。

Final LoveLive μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪ は、μ'sのこれまでの活動の歴史を辿る公演内容でした。

僕らのLIVE 君とのLIFE

はじまりは「僕らのLIVE 君とのLIFE」から。μ'sの活動が始まった、一番初めのシングルCD曲です。 今でこそμ'sが大好き!な私も当時コミックマーケットで出ていたことも知らず、まったく意識すらしていませんでした。 アニメ1期でも流れましたが、μ'sはここから始まったんだと感じられる、絶対に外せない曲ですよね。 当時はμ'sの名前は決まっていなかったこともあって、ラブライブ!の名前で発売されています。

僕らは今のなかで

次に流れたのは「僕らは今のなかで」アニメ1期オープニングの曲ですね。 ラブライブ!が一気に有名になった時の曲ということもあって、出張ライブではおなじみの曲の一つです。 「それぞれがすーきなー」のフレーズの箇所の手の動きが特徴的で振り付けを真似してみたりしました。 この曲で印象的だったのはアニメ2期のアンコールパートで流れたときで、 1期のとき果たせなかったラブライブの舞台で遂に歌うことができた、ということもあって感動しましたね。

夏色笑顔で1,2,Jump!

3rdシングルCD、夏色笑顔で1,2,Jump!です。にこまき好きなのでこの曲ももちろん大好き。PVの開放的な振付がかわいいです。 夏といったらこの曲でしょう!ってくらいめちゃくちゃ盛り上がる曲ですが今は春ですね。5thの時は冬でも大盛り上がりでした。 歌詞も相まってとことんジャンプしちゃう曲なので周りに迷惑が掛からないように注意しないといけなかったですよね。

Wonderful Rush

激しい動きとコールの5thシングル、Wonderful Rush。ことりちゃんの枕曲として定番ですが、 真姫ちゃんのソロパートが特徴的ですよね。 劇場版が海外でのお話ということで、真っ先にこの曲のことを頭に浮かべてしまったのですが、 ことりちゃんの枕ネタのみで実際に歌うことはありませんでした。 夏色もそうですがシングル曲はジャンプをしたくなっちゃうフレーズが多い気がします。

友情ノーチェンジ

久しぶりのノーチェンジ。1stシングルの裏曲です。サビでは手を振ってアピールできる曲ですよね。 この曲はライブで聞いた記憶よりスクフェスを始めたころの思い出のほうが印象的で、 始めたばっかりのころはスノハレよりもこっちをずーっとプレイしていた記憶があります。 「かなしみは風邪と似てるの」のあたりのフレーズが大好きです。

もぎゅっと"love"で接近中!

ここ数年μ'sの単独ライブは2月に行われていて、バレンタインの時期も近いこともあって 特徴的なパフォーマンスを行われていたのが、このもぎゅっとでしたね。 今となっては定番の穂乃果ソロパートのオレンジですが最初はそこまでの思い入れもありませんでした。(ごめんなさい) やっぱりソロパートはかっこいいですよね。

baby maybe 恋のボタン

2rdシングルの裏曲です。スノハレに隠れがちですが、かわいくて元気がもらえるフレーズがたくさん詰まった大好きな曲です。 初期のころはスノハレやこの曲はPVも含めて恋人設定を意識していた感じですよね。 時を経て初期設定とはいろいろと変わっていますが、それも含めてμ'sの良さだと思います。

Music S.T.A.R.T!!

6thシングル、アニメーション映像は真姫ちゃんのイミワカンナイ世界のちょっぴりファンタジーなストーリーでしたね。 4thライブのテーマ曲でもあって、終わらないパーティー、始めようはこの曲のキーワード。 この曲の影響で真姫ちゃん大好き人間が出来上がってしまった気がします。 ところで6thシングルは裏曲の「Loveless World」も大好きなのですが、今回の公演では歌われませんでした。残念。

ユメノトビラ

アニメ2期の合宿でスランプに陥りながらもなんとか生まれた曲ですね。 2期の合宿回はにこまきで焼き芋を分け合ったり(絵里は暗いの苦手でガクブルしてたり)、 リリホワで山頂アタックを決めたり、真姫ちゃんのサンタのお話があったり、プランタンで温泉に入ったり... この曲は衣装が青や水色っぽいこともあって、会場が青色に染まっていたのがとてもきれいでした。

ススメ→トゥモロウ

1期の1話の最後でいきなり踊りだしたことが今でも忘れられないのがこの曲です。 アニメを見始めたころはまだキャラクターの名前も覚えられていないなかで、いきなり踊りだして、 このアニメ大丈夫かなーって思ったのが正直な感想でした。(今では考えられないですね。。。) 意外と学年単位で歌う曲は少ないので、貴重な曲ですね。2年生かわいい。

Wonder zone

ことりちゅん作詞の曲。アニメ曲ですが、ノーブラの印象が強すぎて押されがち...。 アニメ1期の曲はスタダ、ノーブラ、これsomeと「はじまり」を印象付ける曲が多くて、明るい気持ちになれますね。

これからのSomeday

「Wonder zone」と比べてこれsomeはテンポが速く、ワイワイ曲でかわいいです、わいわい。 μ'sとしてメンバーがそろってワイワイしているイメージが曲からも感じられて元気になれるのが好きです。 アニメ映像ももちろんのこと最高ですよね。

Love wing bell

LWBはなんといっても2期での凛ちゃんのストーリーを外せませんよね。 1期のころはボーイッシュでスポーティーなキャラクターというのもあって、 自分でもかわいいのは似合わないと自信を持てずにいた凛ちゃんが、ですよ。 花嫁衣裳を着て一番かわいい姿になってしまったんですよ。 アニメ2期で見たときには感動してうるうるしてしまいましたし、 この曲があって、りんぱなっていいなってなってしまいました。 5thのりんぱなパフォーマンスのときは最高にうれしくってりんぱな結婚してたとか言ってたような気もします。

Dancing stars on me!

ダンスタで印象的なのはハロウィン衣装。特にのぞにこまきの魔法使い+使い魔のセットが最高にかわいくて、 CMで真姫ちゃんが手を打っているシーンを今でも覚えています。 あと、間奏のときにくっすんがくるくるするパフォーマンスを今回もライブでも行ってくれたのが最高でした。 今日だけ魔法使い!

Happy maker!

アニメ2期の最後でもうちょっとだけ続くんじゃ的な感じで流れたこの曲。 学校中を巻き込んだ壮大なアニメ映像で、みんなはしゃぎすぎでしょって今でも思ってたりします。 ラブピまで流した直前までの三年生の卒業式のことを一気に吹き飛ばすトンデモな曲でした。

WAO-WAO Powerful day!

スクフェスコラボ曲、Printempの元気いっぱいな曲です。歌詞のおはようっていうフレーズが好きで、 朝起きるときにアラームに設定しています。この曲から一日が始まると、その日一日を楽しく過ごせるような気がしていました。 ライブではLove marginalと同じ衣装で、素敵なパフォーマンスでした。えみつんがかっこよすぎた気がします。 ぷわぷわーおやCheerdayのような感じでPrintempの曲は元気いっぱい系を提供してくれて自分も最高に元気になれました。

NO EXIT ORION

Love marginalのころからあるPrintempのもう一つの特徴がかなしい恋の曲、ですよね。 NO EXIT ORIONはこちらの曲側の曲で、WAO-WAOを聞いた後に聞くとその差に驚いてしまいます。 孤独のHeavenやスピカテリブルもこのカテゴリで、かよちんとちゅんが揃うとこういう感じになっちゃうのかもしれないですね。 スクフェスコラボ曲の中では一番聞いた曲かもしれない...スノハレとは違った方向ですが冬に聞きたい曲です。

sweet&sweet holiday

この曲がライブで披露されたのはいつ以来でしょうか。Love marginalの裏曲で、またまったく逆の元気いっぱいな曲です。 この曲のまかまかろーんのフレーズは特徴的過ぎていろいろと使われてきましたよね。 Printempが甘々なユニットになるきっかけはこの曲だったような気もします。

思い出以上になりたくて

リリホワらしい曲調のかなしい恋の歌。 去年の12月に販売されたときにはクリスマス前日でしたが、発売日にすぐ買いに行ったのを今でも覚えています。

ふたりハピネス

こういうふわふわした曲がリリホワから出るイメージがあまりなく当時はずいぶんまったりとした曲がきたなーと思ってました。 よくよく考えたら「きみのくせに」がありましたね。すっかり忘れていました。 5thのときに教えてもらったハートマークを今回も作れたのがよかったです。 5thのときはあたふたしていましたが、今では完全に覚えてしまっていました。

春情ロマンティック

知らないLove、微熱からMysteryときて、ついにはじまりまでたどり着きましたね・・・。 リリホワは常に恋の予感を探してるような曲ですね。 この曲は初めて聞いたときにびびっときたのを今でも覚えています。 この曲を早くフルで聞きたいと発売を待ち望んでいました。 間奏の「ちゃーちゃっちゃっちゃー」のところが最高にかっこいいです。

Cutie Panther

ツカマエチャウ!なBiBiのかっこいい系だったころの曲、キューティパンサーです。 ライブでは休憩時間中に流れるとBiBi色に染まってコールを入れていたりしましたよね。 この曲が6thでも聞けて本当にうれしく思います。

PSYCHIC FIRE

Cutie Pantherを上回るほどの盛り上がりを見せたのがこの曲。 曲中に入るセリフやコールがBiBiらしさを最大限に出してくれたのが盛り上がりにつながったのかなと思います。 BiBiはトラバスを含めてこういう感じで盛り上げてくれて本当に大好きです。 ライブでも恒例のBiBiコールが曲中に入る日が来るとは思いもしませんでした。 ところでそのBiBiコール、一日目は相変わらずよくわからない感じでしたが、 二日目はじょるの、ぱいちゃん、そらまるの3人で回ったのが意外で面白かったです。

錯覚CROSSROADS

ライブに入る前のさっかく・・・?みたいな流れがわざとらしすぎてぱいちゃんが笑ってしまってましたね。 BiBiも最初はクール&お姉さま系で来てたはずなのに、いつのまにかオフザケパートが多くなってしまってましたね。 今思えばラブノベルスあたりでその気配が出てた気もします。最初からかも...。 夏終わらないでのようにこの曲もBiBiにしては落ち着いた悲しい恋の歌。もっといたい...


長くなってきたので一度ここで区切ります。後半に続きます。